2019年1月9日東大展覧会「純セレブ文明の夜明け」発表記者会見(IWJ録画配信)

2019年7月現在、記者会見がもはや癖…もとい、習慣になっている安冨歩、片岡祐介ですが、もとはといえば、この日からスタートしたと言ってよいでしょう。

1月9日の東京大学での展覧会初日に、純セレブスピーカーを披露する記者会見をしようかという話が持ち上がりました。

「はたして、記者は集まるのか?!」

活発に議論されましたが、「よく考えたら純セレブ記者さんでもいいわけだし。」ということで、開催決定。

だがしかし、記者会見の前に、ちゃんと展覧会の形にしないといけませんでした。

もともと初日を搬入日にするという、斬新な動態展示。はたして、夕方の記者会見に間に合うのか!?

当日朝の搬入スタートは、こんな感じ。
片岡がスーツケースから、プチプチに包んだ純セレブスピーカー作品を取り出しています。
ユニット部分は特に繊細で、傷がつくと音が変わってしまいます。なので、慎重に〜。

純セレブスピーカー 片岡祐介

とりあえず、作品を全て出してみる。
この時点では、露天商のよう。
手前の作品は、安冨が自ら和紙を手漉きしたものです。

純セレブスピーカー 片岡祐介 安冨歩

様々なモデルを聞き比べやすいように、スイッチャーを導入。

惑星モデルを吊っています。

沢山あるケーブルをどう始末するか…。
これは、けっこう難しかった!

音楽監督でもあり、音響設計者でもある片岡が、
繊細な耳で、配置の決定をしていきます。
だるま純セレブスピーカーコーナーも着々と。

片岡祐介作品コーナー。
おしゃれなデザインが並びます。
デスク周りにも心地良い音響。

安冨歩のペイントモデル。
筆跡が生々しい。

安冨歩、もう二度と作らないかもシリーズ。
(大変貴重)

製作キット紹介コーナー。
真ん中にあるのは、ゴミではありません。
購入した人にはわかる、大切な部材です。

いい感じで、記者会見前にセッティング完了!
安冨はメイク中。

続々と記者さんが現れ…純セレブ記者さんにまじって、本物の記者さんも!

記者会見がスタート。
アンジェリーナ佐藤さん、
最初の挨拶と展示アドバイス(見た目 部門)を
ありがとうございました。

開発者の安冨&片岡が立ち上がったと思ったら、

謝罪からスタート!!!
「こんな素晴らしいスピーカーで世間をお騒がせして、申し訳ありません。」
(スピーカー業界の常識を破壊することになるので、
最初にあやまっておく。)

本物の記者さんたち。
口で言わなくても、カシャカシャとシャッター音が!
(よかった、よかった…)
純セレブとは?の解説のほか、誕生秘話も。

知性と教養溢れる、片岡と安冨の解説。
お集まりの皆さんに音も聞いていただく。
「平安時代に…」と、大変真面目な話をしているはずなのに、
なぜか、笑いがこらえきれない開発者たち。

その場で、片岡が伝説の初代モデル製作を再現。
すべては「彩の国」から始まった…。

記者さんに促され、作品とともに写真撮影。

質疑応答では、どこの国からやってきたのか、
聞いたこともないプレスからも次々と質問が来るたびに、
なぜか安冨は吹き出しておりました。

多くの記者に囲まれ、フラッシュの嵐。
(でも多くは携帯だったような…)

IWJさんの録画は、無料ハイライト動画で見れます。

IWJさんは、録画を自社メディアで配信してくださいました。ありがとうございました。なお、以下の記事から、IWJさんを支援すると、この日の記者会見の模様を、なんと全編、見ることができます。
詳細は下記リンクをご覧ください。

「純セレブ」とは根拠を必要としない「究極のセレブ」!「純セレブスピーカー」はその具現!! 驚くほど良い音のするスピーカーを「自分で」「簡単に」「安く」作ることができる!~ 1.9 純セレブスピーカー発表記者会見 2019.1.9

最後に、スタッフより。
そもそも、展覧会の会期が長かったのですから、その間にイベント報告記事をどんどんアップするべきでした。

ですが、中心的に動く人が、安冨・片岡・スタッフの3人だけでは、この展覧会と会期中のコンサートを開催するだけで精一杯でした。

今、思えば、このような厚みのある展覧会は、最低でも、2019年7月の参院選「やすとみ歩」馬選挙同様のスタッフ人数で臨まなければならなかったはずです。

というわけで、次回このような自主企画の展覧会開催の際には、スタッフを大募集するかも?しれません。
よろしくお願いしまーす。

コメントを残す